認知症高齢者が、介護スタッフとともに“共同生活”をしていただく施設です。
入居者の持てる能力を最大限に活用するため、
入居者一人一人が自分の役割を持って生活していく場、それがこの施設の特徴です。
















一日の流れ(例)








食事作り
食事作りは、スタッフと入居者で作ります。配膳、下膳、食器洗いも皆さんで行います。一人一人が役割を見つけ楽しまれています。






居室
和風を基調とした居室です。馴染みの物を用意していただき過ごしやすい空間を提供しています。






入浴
一般家庭と同じ浴室、浴槽です。採光もあり、ゆったりと入っていただけます。脱衣室も広く、車椅子の方の移動や着脱にも十分なスペースがあります。






フロア
食堂兼居間のスペースはユニットごとの共有スペースです。食事をしたり、テレビを観たりと皆さんのくつろぎの場となっています。また、ユニット間の仕切りの壁をたたむことで大きなスペースにもなります。






バルコニー
南側に広くとってあるバルコニー。洗濯物、布団を干していただいたり、プランターを利用し、季節の花や作物を栽培しています。生活の一部となっている空間です。






医療連携
しんあいクリニックの医師による訪問診療が月2回、訪問看護ステーションみゆきの看護師が週1回健康管理を行います。






外出
日々の買い物や散歩、ドライブをはじめ、季節感を感じていただける外出(花見など)を設けています。外の空気にふれることで皆さんの気分転換となっています。







認知症になってもその人らしく暮らせるように
個人を尊重し、これまでの人生や思いを大切にします。
役割をもって生活していただくよう支援します。
家族や地域社会とのつながりを大切にします。
医療と連携し、安心できる体制を整えます。







私たちは認知症介護の専門職として、その方の思いを大切にし、これまでの生活の中で培ってきた家事や趣味などを通して楽しく、笑顔で穏やかな生活が送れるよう家族の一員としてサポートしていくことを心がけています。
また、買い物、散歩等外へ出る機会を増やしたり、小学校、保育園の子供たちとの交流を図りながら認知症であってもその人らしく自分を持って過ごしていただけるグループホームを目指しています。







愛知県豊橋市西幸町字笠松85番地
TEL.0532-87-4600












お問い合わせプライバシーポリシー 信愛グループ



信愛グループ