>医師採用  >看護師採用  >介護士採用(新卒)  >介護士採用(経験者)  >リハビリ採用  >事務採用  >調理員採用  >その他採用

 先輩の声

 理学療法士
新卒 平成24年度入職 豊橋創造大学卒 (リハビリ職経験4年)
理学療法士になり4年目になりました。訪問リハビリで生活環境に近いリハビリを行い、ADLが上がっていく利用者に、これができるようになった、あれができるようになったと喜びの声を頂き、仕事が楽しみになっています。今後も、リハビリが楽しかった、リハビリの時間が楽しみだと思って頂けるようなリハビリをしていきたいと思っています。


 理学療法士
中途 平成27年度入職 国立療養所東名古屋病院付属リハビリテーション学院卒
(リハビリ職経験33年)
団塊の世代の高齢化に備え、2025年を目途に地域包括システムが構築されようとしています。これに伴い「病院・施設から在宅へ」の動きが加速する中、リハビリテーションは重要な責務を負うものと考えます。障がいがあっても住み慣れた環境でその人らしい暮らしを全う出来るよう支えるために、リハビリテーション従業者は専門性を発揮し、的確に予後を予測し今後の生活を想像したうえで、機能向上・維持に必要なアプローチを多職種と協働し、効率的に提供する必要があります。
当グループには、医療・介護・福祉に関わる各種施設があり、より整合性のあるサービスを提供しやすい環境にあります。この利点を生かし、一人ひとりの最善のケアを実現できるよう、常に知識・技術面のスキルアップを図り、他職種に信頼される専門職を目指すべく、共に努力していきましょう。


 作業療法士
中途 平成18年度入職 佑愛学園愛知医療学院卒 (リハビリ職経験13年)
高齢で維持期の利用者が出来る限り長い時間、その人なりに健康で楽しみのある生活を送ることが出来るように運動・認知機能・ADL訓練やactivityを通しての活動等を提供しています。リハビリを通して利用者の活動や交流の場が広がったり、生活の中に楽しみを見つけてもらったりした時に、私も仕事の楽しさを感じます。また、訪問リハビリや小児レスパイト事業にも徐々に関わりを持ち、様々な疾患を持つ利用者にリハビリを提供しています。おとわの杜に就職して8年。妊娠、出産を経験し、産休、育休、時短勤務の制度を活用させて頂き現在まで勤めてくることができました。今も、子供が熱を出せば「何とかするから、大事にしてあげて。」と言ってくれる仲間と一緒に働かせてもらっています。今後、グループとして新規事業を推進していく中、「私に出来る最善はなにか。」を模索しながら楽しんで仕事をしています。


 言語聴覚士
中途 平成27年度入職 愛知産業大学卒 (リハビリ職経験18年)
当施設での言語聴覚士の仕事は、入所・デイケア・ショートステイのリハビリだけでなく、在宅復帰後の生活を支える訪問リハビリ、また小児の訪問リハビリも行っています。
また、グループ内の特別養護老人ホーム「秋桜の里」「みかんの樹」において摂食嚥下評価も行っています。利用者の生活環境を考慮してより現実的な問題点を抽出し、その方々に適したサポートが出来るように心がけています。まだまだ子育て世代の為に急な休みやスケジュールの変更もありますが、寛容な職場に支えられて働かせていただいています。




ページトップへ戻る