産前産後休暇、育児休暇、育児短時間勤務や介護休暇などの制度の活用実績が多いです。
産前産後・育児休暇取得中職員13名(平成28年1月現在)
平成29年5月、豊川市小坂井町に開設予定の新規施設内に保育所を設置予定です。
また職員同士の協力もあり、環境が変わっても長く勤めることが出来ます。


 職員の声

 デイケアセンターマチニワ
平成19年度入職 中部福祉専門学校卒
私は専門学校を卒業後、おとわの杜へ入職し、9年が経とうとしています。介護の仕事が大好きというのもありますが、スタッフの方々に恵まれ、ずっと楽しく仕事をさせて頂いていました。5年目に結婚、その翌年には子供を授かりました。それまで、早番・日勤・遅番・夜勤を行なっていましたが、日勤業務のみへ変更して下さいました。安定期に入るまでは、毎日が悪阻。出勤してもトイレにこもってばかりでした。安定期に入ると、悪阻もなくなり、少しずつ動けるようになった為、軽介助などお腹の子供に負担がかからない程度に仕事をしていたつもりでしたが、思った以上に動き過ぎてしまい、産休1ヵ月前より入院の為、お休みを頂きました。24時間点滴、安静治療し、無事に出産。1年間の育児休暇を利用させて頂きました。初産の為、分からない事ばかり、泣いている理由が分からず、子供と共に泣いてしまう事も少なくはありませんでした。それでも大変な事以上に、一日一日の子供の成長を見ることがとても幸せで充実した1年となりました。
産休前、必ず復帰しますと、先の事を深く考えもせず言っていましたが、復帰少し前から、また皆さんと一緒に仕事が出来るという喜びを感じる一方で、1年ものブランク、いち早く以前の自分の動きを取り戻さなければいけないというプレッシャー、子供と離ればなれにならなければならないという寂しさ、様々な感情が押し寄せてきました。復帰日、泣きながら手を差し伸べている子供を保育園に預け、こんなにも辛い思いをするのかと、心が折れそうになりながら出勤しました。しかし、スタッフや利用者の方から『お帰り、待っていたよ』などの言葉や、涙を流して下さる方もおられ、復帰できる場所があって幸せだなと感じました。
子供もまだ1歳になったばかり、7時間の時短勤務を利用する事にしました。仕事をする中で、働く事が出来て楽しい、もっと働きたいという思いの一方で、以前のような動きを取り戻せない、これではいつまでたってもスタッフの方々に迷惑をかけてばかりだと、自分にいらつきと焦りを感じていました。仕事と家事の両立は簡単な事ではないと分かってはいましたが、精神的にも身体的にも辛くなってしまいました。ついには体調を崩し、生まれて初めて肺炎になりました。しかし、それは私だけではなく子供も同じでした。生活に変化があった事で負担をかけてしまったのです。肺炎を繰り返したり、常に体調を崩してばかりでした。その都度、長期休暇を頂き、復帰しても何の役にも立てないどころか、迷惑をかけてばかりだと、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。そんな時、仕事はなんとでもなる、子供の母親はあなたしかいないんだから、しっかりそばにいてあげなさい。いつでも子供を第一に考えればいいんだからねというお言葉を頂き、最高のスタッフの方だと、本当に感謝の気持ちでいっぱいになったのです。
そして、子供が3歳の誕生日を迎え、時短勤務を終え、通常勤務へと戻りました。
まだまだ、仕事と家事の両立は大変ですが、周りのサポートとスタッフの方々のおかげで、前向きでいる事が出来ています。今もこれからも感謝の気持ちを忘れず、大好きな介護の仕事を続けていきたいです。



 プライベートも充実!

アイレクススポーツグランデ(豊川市末広通り)・ヨガ&ジム アイレクス・ライト(豊川市国府町)・サーラスポーツ豊橋(豊橋市中岩田)が無料で利用できます。





 グループ全体でのイベントが多い!

毎年1月には全額法人負担の新年会開催! 春・秋には法人主催のヨットクルージング&BBQ開催!
歓送迎会や忘年会等の親睦会開催!






ページトップへ戻る