《介護老人保健施設》
利用者が望む生活ができるように
1.多機能を生かした継続的で、一貫したリハビリを提供します。
2.多職種の専門性を最大限発揮し、自立支援、在宅復帰支援を行います。
3.中間施設として、地域医療や在宅支援の為に速やかな入退所と緊急ショートの受け入れに
 尽力します。
4.あたたかい家庭的な雰囲気を大切にします。









 所定疾患施設療養費算定状況
平成24年4月の介護報酬改定により、介護老人保健施設において、入所者の医療ニーズに適切に対応する観点から、所定の疾患を発症した場合における施設での医療について、以下の要件を満たした場合に評価されることになりました。
厚生労働大臣が定める基準に基づき、所定疾患施設療養費の算定状況を公表いたします。

所定疾患施設療養費について
1. 対象となる入居者の状態は次の通りです。
・肺炎
・尿路感染症
・帯状疱疹(抗ウイルス剤の点滴注射を必要とする場合に限る)
2. 上記で治療が必要となった入所者に対し、治療管理として投薬、検査、注射、処置等が行われた場合に算定します。また1回に連続する7日を限度とし、月1回に限り算定する。
3. 診断名、診断を行った日、実施した投薬検査、注射、処置の内容等を診療録に記載する。
4. 請求に際して、診断、行った検査、治療内容等を記載する。
5. 算定開始後は、治療の実施状況について公表する。





 おとわの杜通信







ページトップへ戻る