利用者のご自宅を訪問し、必要なリハビリテーションのサービスを提供します。
特に、おとわの杜からの在宅復帰後のケアは、
利用者のことをよく理解している入所中のリハビリ担当スタッフが
行うことで、個々に合わせた質の高いリハビリテーションを目指します。


 業務内容

・健康チェック(血圧、脈拍、体温の測定)
・体力向上(筋力強化訓練、関節稼働域訓練、
 バランス訓練、立位訓練、移乗訓練、歩行訓練など)
・ADL訓練(入浴動作、トイレ動作、更衣動作など)
・IADL訓練(家事など)
・言語訓練(失語症の訓練、構音訓練など)
・摂食嚥下訓練
・食事形態や食事姿勢などの助言や指導
・精神面の活性(簡単な計算などの脳トレ、楽しんで
 行える趣味活動の提供など)
・離床、良肢位、地域社会参加の助言や指導
・家族の介助方法の指導や助言
・福祉用具、住宅改修などに関する助言



 1日の流れ
8:30
8:35
8:40
12:00
13:00

17:30
朝礼
申し送り
訪問に出発(午前:3件訪問)
休憩
訪問に出発(午後:3〜4件訪問)
訪問終了後、記録・書類作成等
業務終了

多担当制をとっており、3職種(PT・OT・ST)の
 リハビリを実施しています。
リハビリの提供だけでなく、サービス担当者会議に
 積極的に参加し、ケアマネジャーや他事業所との連携に
 努めています。
高齢者だけでなく、小児・難病患者に対し訪問看護から
 訪問リハビリを実施しています。



施設内でのリハビリも行っています。
 入所・ショートステイ・デイケアでの業務内容

短期集中リハビリテーション
(入所)
病院や自宅から入所して間もない利用者を対象に、介護保険で定められた期間、集中してリハビリを提供することでADLの向上、在宅復帰を目指します。
(デイケア)
病院から退院して在宅での生活を始めた利用者を対象に介護保険で定められた期間、集中してリハビリを提供することで、自宅での安定した生活の獲得を目指します。
認知症短期集中リハビリテーション
(入所)
認知症を有する入所利用者で在宅方向を目指す利用者を対象に認知機能訓練、ADL訓練を実施し、スムースな在宅復帰を目指します。
(デイケア)
認知症を有する在宅生活を送る利用者に対して、認知機能訓練やご家族に自宅での生活の工夫を伝える事で在宅生活の継続、認知機能の維持を目指します。

ADL訓練 ・アクティビティ ・摂食嚥下訓練・IADL訓練(家事動作など)
これらの他、入所時・デイケア利用開始時の面談同行、サービス担当者会議への参加、入所利用者の退所前訪問指導、
デイケア利用者の自宅訪問指導などを行っています。




3職種(PT・OT・ST)在籍
3職種の専門分野、各個人の得意分野を生かしながら、協力し、リハビリに取り組んでいます。
現在、25名(PT:13名、OT:8名、ST:4名(育児休暇含む))のスタッフでリハビリを盛り上げています。
多担当制
1人で悩まず、リハカンファレンスでみんなで相談し、意見を出し合い利用者個々のリハ方針を決めています。
リハビリ会議
月1回実施し、よりよいリハビリが提供でき、よりスムースな業務が行えるようみんなで話し合いをしています。
他職種連携
フロアの申し送りやカンファレンスを通して他職種との連携を図っています。
一貫したリハビリテーションの提供
入所から在宅復帰し、デイケア・ショートステイ利用、訪問リハビリからデイケア利用へサービス内容が移行しても顔なじみのスタッフが対応する為、利用者が安心してサービス(リハビリ)を受けることができています。
 1日の流れ
8:30
8:35
9:00

10:00
12:00
13:00
14:00
15:20
16:30
17:30
朝礼朝礼
申し送り
入所・ショートステイ利用者のリハビリ
デイケア利用者のリハビリ
休憩
入所・ショートステイ・デイケア利用者の
リハビリ
カンファレンス、書類作成等
入所・ショートステイ利用者のリハビリ
記録・書類作成等
業務終了




ページトップへ戻る