先輩の声

 介護職
新卒 平成28年度入職 中部福祉保育医療専門学校卒
2Fのフロアへ配属して頂き、日々認知症の利用者の方々と生活をしています。多くの不安を抱えた利用者の方に対し、どのような声掛けをしていけば良いかなどを考えながら支援をしています。利用者の方に笑顔で安心して生活を送ってもらう為に、笑顔で楽しく仕事をしていきたいです。


 介護職
新卒 平成28年度入職 中部福祉保育医療専門学校卒
中部福祉保育医療専門学校を卒業し、おとわの杜に入職させて頂きました。配属させて頂いたフロアでは認知症はありますが軽度の方が多く毎日利用者の方と会話を楽しみながら働いていますが、その分自身の言葉の使い方や行動に気を付けています。まだ介護士として知識も技術も未熟な為、実務経験を積んでいき介護士としてスキルアップしていきたいです。


 介護職
中途 平成24年度入職 豊川高等学校卒
私は、未経験で資格も無く、この世界に飛び込みました。なぜならば、近い将来母の介護をする事になった時、何かできれば良いなあと思い、軽い気持ちで入りました。しかしそれもすぐ後悔しましたが、プリセプター制度をはじめ、先輩方の協力もあり、ここまで仕事を続けて来られました。介護の仕事はとても奥深く、今では大変ですが楽しみながら仕事が出来ています。又、介護福祉士の資格も取得しました。


 介護職
新卒 平成25年度入職 豊橋市立豊橋高等学校卒
入職した当初は初めての経験ばかりでとても不安でした。入所者とコミュニケーションを図るときも表情が硬くなり、会話が続かない事もありました。今では、先輩方から指導して頂き、徐々に不安もなくなり笑顔で会話が出来るようになりました。そして、とても充実した日々を送り、楽しく仕事が出来ています。


 看護師
中途 平成17年度入職 国立豊橋病院付属看護学校卒
老健では一人ひとりがその人らしい生活を送れるように多職種と連携し、専門性を発揮した質の高いケアを提供しています。各職種お互いに切磋琢磨することでスキルアップにも繋がっています。最先端医療の看護はないけれど、その方の力を最大限に引き出し、寄り添う看護ができます。私は仕事を持ちながら子育てする難しさに悩むことがあります。そんな時『お互い様』の笑顔で温かく助けてもらっています。だからこそ続けてこられたと感謝しています。働きやすくて働きがいのある職場です。


 理学療法士
新卒 平成24年度入職 豊橋創造大学卒
理学療法士になり6年目になりました。訪問リハビリで生活環境に近いリハビリを行い、ADLが上がっていく利用者に、これができるようになった、あれができるようになったと喜びの声を頂き、仕事が楽しみになっています。今後も、リハビリが楽しかった、リハビリの時間が楽しみだと思って頂けるようなリハビリをしていきたいと思っています。


 作業療法士
中途 平成18年度入職 佑愛学園愛知医療学院卒
高齢で維持期の利用者が出来る限り長い時間、その人なりに健康で楽しみのある生活を送ることが出来るように運動・認知機能・ADL訓練やactivityを通しての活動等を提供しています。リハビリを通して利用者の活動や交流の場が広がったり、生活の中に楽しみを見つけてもらったりした時に、私も仕事の楽しさを感じます。また、訪問リハビリや小児レスパイト事業にも徐々に関わりを持ち、様々な疾患を持つ利用者にリハビリを提供しています。おとわの杜に就職して8年。妊娠、出産を経験し、産休、育休、時短勤務の制度を活用させて頂き現在まで勤めてくることができました。今も、子供が熱を出せば「何とかするから、大事にしてあげて。」と言ってくれる仲間と一緒に働かせてもらっています。今後、グループとして新規事業を推進していく中、「私に出来る最善はなにか。」を模索しながら楽しんで仕事をしています。


 言語聴覚士
中途 平成27年度入職 愛知産業大学卒
当施設での言語聴覚士の仕事は、入所・デイケア・ショートステイのリハビリだけでなく、在宅復帰後の生活を支える訪問リハビリ、また小児の訪問リハビリも行っています。
また、グループ内の特別養護老人ホーム「秋桜の里」「みかんの樹」において摂食嚥下評価も行っています。利用者の生活環境を考慮してより現実的な問題点を抽出し、その方々に適したサポートが出来るように心がけています。まだまだ子育て世代の為に急な休みやスケジュールの変更もありますが、寛容な職場に支えられて働かせていただいています。


 支援相談員
新卒 平成24年度入職 日本福祉大学卒
平成27年より支援相談員となりました。それまではおとわの杜で3年間介護士をしていましたが、支援相談員という新しい環境の中で日々勉強させて頂いています。今までの介護士としての経験を生かしていきたいと思います。他職種と共同して、最善のチームケアを行い、利用者・家族によりよい支援ができれば良いと考えます。また今後も様々な経験を積み、私自身の成長・ステップアップにつなげていきたいと思います。


 支援相談員
中途 平成25年度入職 日本福祉大学卒
おとわの杜の支援相談員として5年目になります。それまでは介護士として3年間携わってきました。介護の経験から学んだことは多く、その経験があってこそ、利用者・家族の相談に答えることができていると感じています。支援相談員として、利用者や相談に来られた方に笑顔で「ありがとう」の言葉を頂いた時に、この仕事のやりがいを感じます。今後もより多くの方のご希望に沿うことができるよう、日々研鑚していきます。また、利用者が笑顔で自宅に帰ることができるように、他職種と共同のチームケアを行っていきたいと思います。


 管理栄養士 
中途 平成28年度入社 愛知学泉大学卒
管理栄養士として利用者の栄養状態を維持または改善していけるよう食事の面からお手伝いをさせていただいています。老健ではリハビリも行う為、体力をつけるための栄養量を計算したり、言語聴覚士や看護師、介護士など多職種と利用者について話し合いをしたりします。管理栄養士としても多職種の方々に支えられ、日々勉強をさせていただいています。利用者の皆さんにも励まされています。お祝い御膳や行事食にも力をいれ、老健ならではのやりがいを感じながら笑顔で毎日を過ごしています。


 事務職
新卒 平成26年度入社 椙山女学園大学
介護請求業務を中心に、受付や電話対応、掲示物づくりなどが私の仕事です。毎日パソコンに向かっていることが多く、淡々と事務の仕事をこなしていかなければなりませんが、デイケアに通ってくる利用者に挨拶をしてもらえた時、面会に来た家族がいつもありがとうと言ってくれた時、他の職員が頼ってくれることが何より励みになっています。介護請求事務は覚えることが多く難しいですが、分からないことをひとつづつ覚えていくことは楽しいです。一般事務のようなお金の処理や人事に関してもわからないことはまだまだたくさんあります。ですが、どんな仕事も頼まれたときにすぐ把握して進められる一人前の職員になりたいです。




ページトップへ戻る