ずっと、責任を持ってお付き合いさせていただく覚悟。

20年以上の訪問看護の経験を活かし、赤ちゃんからターミナルまで24時間365日、責任をもってお付き合いさせていただきます。


 沿革

H4年
H10年
大石医院から訪問看護開始(老人保健法)
穂の国訪問看護ステーション開設
(豊川市八幡町黒仏6-1借用)
H11年8月
穂の国訪問看護ステーション居宅介護支援事業所開設
(訪問看護ステーションと併設 ケアマネジャー業務兼務)
H12年4月
H16年5月
介護保険事業者の指定を受ける
移転(豊川市森4丁目85番地の4)
居宅介護支援事業所はしんあいケアプランセンターへ改称
徐々にケアマネ業務から退き平成19年訪問看護専任となる
H25年9月
H26年2月
穂の国訪問看護ステーションみゆき開設
穂の国訪問看護ステーション秋桜の里開設
H28年1月 穂の国訪問看護ステーション秋桜の里移設
(豊川市光明町1丁目19番地の10)
穂の国訪問看護ステーション マチニワへ改称
 研修・教育

・実習指導者研修(愛知県)
・訪問看護初任管理者研修(日本看護協会主催)


 連携

・愛知県訪問看護ステーション連絡協議会
・豊川市介護保険事業連絡会、訪問看護リハビリ部会活動
・信愛グループ内看護部会(介護部会 他職種部会との連携)



 メッセージ

・訪問看護のプロになろう
 「今までの経験を生かしてステップアップしたい」 「以前から訪問看護に興味があった」

・訪問看護は楽しい
 訪問看護は地域で生活している利用者さんの人生に寄り添って支援します。
 病院では見えなかった生活が見えてきます。療養者は家に帰って、地域で家族と暮らす
 「ひと」と感じます。時に私たちは「ひと」としての生き方を教えて頂ける事があります。

・最期までお付き合いさせて頂く覚悟です
 その人らしい穏やかな最期を迎える事ができるよういつも考えています。
 ご家族と共に希望に沿った看取りができ、感謝されることが訪問看護師にとって最もやりがいを感じる瞬間です。

私達と一緒に、地域の医療を支える訪問看護を始めましょう! 



 看護職員 29才〜60才まで幅広い年齢の訪問看護師が活躍しています!





 平成28年度実績




ページトップへ戻る