《グループホーム》
認知症になってもその人らしく暮らせるように
1.個人を尊重し、これまでの人生や思いを大切にします。
2.役割をもって生活していただくよう支援します。
3.家族や地域社会とのつながりを大切にします。
4.医療と連携し、安心できる体制を整えます。

少人数の入居者と専門スタッフが、家庭的な環境のもと、ともに暮らしていく環境を提供します。お一人おひとりの生活リズムを大切にした上で、役割を持った生活を送ることにより、認知症の進行抑制や症状の改善などの効果も期待できます。


 ご利用いただける方
●要介護認定で要支援2・要介護1〜5の方で、
 認知症の診断を受けた方
●常時医療機関において治療をする必要のない方
●職員の支援があれば共同生活が可能な方
●原則、豊川市に在住の方

 施設概要
建物構造
登録定員
居  室
居室面積
共同スペース
鉄筋一部二階建ての一階部分
9名×2ユニット 合計18名
全室個室・冷暖房・介護ベット付
10.30〜12.10u
台所・食堂兼居間・トイレ・浴室




 スタッフの声
私たちは、認知症になってもその人らしく暮らせる環境を提供できるよう努めています。「あれがしたい」「これがしたい」歳をとっても、生活へ欲求は必ずあります。共同生活という中での制限は出てきますが、グループホームだからできる事も沢山あります。認知症になっても普通にできる事は普通にしたい。これを叶えられるホームにしていきます。






ページトップへ戻る