リハビリ通信 2nd season 2

今回は基本的な座位姿勢について書いていきたいと思います。

座位姿勢は日常生活動作の中でのトイレ動作や食事動作はもちろん、デスクワークを行ったり、本を読んだりする際に種々の動作を果たす上で基礎となる姿勢です。はたまた休息をとる際にも用いる姿勢でもあります。これらのように適切な座位とは目的によって一様ではありません。座位姿勢は「機能的座位」と「安楽座位」に分けられ、その意味合いは異なるものになります。

「機能的座位」は、図1のように筋肉を働かせ、頭や体、骨盤をしっかりと起こした姿で、腕や足を動かしやすく、次の動作に移りやすい姿勢です。「安楽座位」は、図2のように頭や体を何かに預け、筋肉を休めた姿で、この状態は腕や足を動かしづらく、次の動作にも移りにくい姿勢となります。

smile PT1smile PT2
モデル「おとわの杜 No.1癒しsmile PT」
(図1)機能的座位            (図2)安楽座位
・頭、体、骨盤が起きている         ・頭や体を椅子に預けている
・筋肉が働きやすい             ・筋肉が休んでいる
・腕や足がうごきやすい           ・腕や足を動かしづらい
・次の動作に移りやすい           ・次の動作に写りにくい

さて、食事動作を行う時に取るべき座位は「機能的座位」です。今回は、その座位姿勢ついて、もう少し詳しく載せていきたいと思います。「機能的座位」は、前述したとおり、体、頭、骨盤がしっかりと起き、身体の軸を安定させた状態です。この姿勢では、身体の中心が安定しているため、その末端に存在する腕や手を操作しやすい状態となり、自分の意図した動きや、細かな動作が行いやすくなります。さらに、この時、足底がしっかりと地面についている事も、座位姿勢を保つうえで、大切な要因となります。足裏が床面につくことで、足で地面を踏ん張り身体を支える事が可能となり、その荷重刺激により覚醒を促すと言われています。

機能的座位の姿勢は以下のポイントを押さえるように心がけましょう。

ほんわかOT
モデル「この姿勢を維持していきたい”ほんわか”OT」

座位は一日の中でも過ごす時間の割合が多い姿勢で、それが身体に与える影響は少なくありません。安定した座位は、安定した動作につながり、種々の動作が楽に行えるようになります。今号を読んでいただき、皆さんが普段とる座位姿勢を考える機会になれば幸いです。
次号は、実際の食事場面で必要となる姿勢について載せていきます。

カテゴリー: リハビリ通信   パーマリンク

コメントは受け付けていません。